お使いになられたジュエリーの汚れが気になることはございませんか?今回、ご家庭でできる簡単なお手入れ方法をご紹介いたします。

ジュエリーは、身支度の最後に身につけ、帰宅後は最初に外し、セーム革などの柔らかい布で拭いて保管してください。石鹸・化粧品・皮脂汚れ等の油分がジュエリーにつきますと、くすみやくもり、変色の原因となってしまいます。また、入浴時にはジュエリーを外すようにしてください。

パールのクリーニング

汗や酸に弱いパールは大変デリケートです。お使いになったら、その日のうちに柔らかい布で拭いて、汗や汚れを落としてから保管してください。

ネックレスは留め具を外さず、輪の状態のままで柔らかい布を敷いたテーブルの上で引っ張らないように優しくしごくように汚れを拭き取ってください。ネックレスを強く引っ張りながら拭き取ってしまうと、糸に負荷がかかり、緩みが早くなります。(留め具の部分をつまみ、まっすぐ下に垂らしてみて、珠1個分ほどの糸が見える場合は糸の替え時です)

リングやピアス・イヤリングは、裏側も拭いてください。特に汚れが気になるときには、ぬるま湯で濡らし固く絞った柔らかい布で汚れた部分を拭いた後、必ず乾いた布で乾拭きしてから保管してください。

保管時には、傷が付かないように他のジュエリーと別にして、乾燥・湿気・光を避けるようにします。

珊瑚のクリーニング

珊瑚は酸や汚れに弱いため、日頃のお手入れが大切です。お使いになったら、乾いた柔らかい布やセーム革で丁寧に拭いてください。汗や皮脂汚れが落ち、ツヤが長持ちします。

入浴、プール、海水浴、サウナ、お料理をされる前には、ジュエリーを外すようにしてください。珊瑚をとめている接着剤が、熱いお湯でゆるくなり、とれてしまう場合がございます。また、超音波洗浄器のご使用はお控えください。

保管時には、他のアクセサリーやジュエリーと触れ合うことがないよう、専用のケースをお使いください。珊瑚は有機質のため、キズがつきやすい特徴がございます。

以上、是非、お試しください!

※パール・珊瑚・鼈甲・象牙・琥珀・トルコ石・エメラルド・トパーズ・ムーンストーン・ぺリドット・クンツァイト等は水洗いができませんので、ご注意ください。

上記方法でも落としきれない汚れがございましたら、お気軽に店舗スタッフまでご相談ください。

https://www.kawano-quark.co.jp/